//

現代日本において、社会とのしがらみから離れ、苦痛から逃れられる場所が求められている。また、covid-19のパンデミックを受け、物理空間と情報空間の垣根がますます曖昧となりつつある。そうした状況で、古くから日本に存在してきた、人々の逃げ場所としての「アジール」という特殊な空間を分析し、再検討することで、今後の社会ので人々が苦しみから逃れることのできる空間を「音」によって制作した。自らが安心できる音をいくつか用意するだけで、パラメータの操作のみで簡単にヒーリングサウンドを生成することができる。

//

All credits to Hibiki Yamada